スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、書きたいモノ

「more(追記)」以降に折りたたんで、
ちょっと今、書きたい小説を書いていきます。
久々に若者×若者です。
(基本、20代後半~が受けるのが好きv

まだまだメインのPCが本調子ではなく、
ノパソからの更新なのです。
と、いうか新しいPCにソフト入れたら、めっちゃ動きが悪くなって
恐ろしくてそれ以上のソフトを入れられなくなったのです・・・。
全体的に買い換え時なんでしょうか。
新しいPCに古いソフト入れたら合わないって聞くのですが、
それなのかなぁ(^^;)

あー;;サイト、改装したい・・・。←最近、こればかり言っています。
まるで「したいしたい詐欺」です。

どうでもいいですが、「オレオ」というお菓子を同僚からもらった時に
うっかり
「オレオレ、ありがとう~♪」
と言ってしまい、同僚から
「詐欺か!?」
と突っ込まれました。慌てて
「今のは、ツッコミ待ちだ。ひっかかったな。」
と言ったら
「負けず嫌いもそこまで行くとなあ(呆)」
と言われました。

色々見抜かれてて悲しい・・・orz

では、more(追記)にて

サイトが本調子になったら(いつになる事やらですが)
そちらに多分書き換えて、UPして行く予定・・・。






「COMPLEX」

-index-

 人類。
 ヒト科。
 ホモサピエンスに属するものならば、多かれ少なかれコンプレックスというものを持っている筈だ。

 そういう訳で、俺……春日紅介(かすがこうすけ)は、この妙な名前にコンプレックスを持っていた。どうやら親が小洒落た名前を付けたかったらしい。しかも、色に拘ったみたいで、当然、俺よりも先に生まれた第一の被害者・姉は白綾(しあや)というこれまたへんてこな名前を付けられた。両親は、姉と弟揃ってめでたく紅白にしたかったらしいんだが、めでたいどころか四つ年上の姉とは仲が悪い。運動会よろしく白と赤で、毎日のように競い合い、兄弟げんかは絶えない。
 小学生の時には、この名前の所為でよくからかわれたもんだ。
「男のくせに『紅』だって。変な名前。」
もちろん、そういう奴はもちろんこの俺が正義の鉄拳制裁してやった。
 俺は、四才も年上の姉とも対等に張り合うような、なかなか気性激しいやんちゃな男だった。だから小学校高学年になる頃には、もう俺をからかうような無謀な事をする奴は居なくなっていた。
 俺が六年生になったある日、隣にそいつらが引っ越してきた。当然、そいつらは俺と同じ学校に転入してきたのだが、幸か不幸か俺と同じクラスになった。そして、俺の事をよく知らない転入生は
「春日紅介?これ、お前の名前?」
と、貸してやった教科書の名前を見て、ぼそりと言いやがった。
(こいつもフルボッコにしてやる!)
と思ったが、さすがに授業中はまずい。とりあえず、机の下で握り締めた拳をほどき、その場は凌いだ。
 さて、待ちかねた放課後。
 隣に住んでいるのだから、当然帰り道は同じ。さあ、人気もほとんどなくなった路地に来た。いざ、フルボッコタイムー!
「お前、さっきはよくも名前をバカにしたな?!」
と、言った。そしたら
「なんだよ。いい名前だなって思って言ったんだぞ。」
と、奴は言い返してきた。
 こんな思いしている奴は俺だけかと思っていたら、意外にも、そいつも同じ思いをしていたらしい。
「字はともかく『こうすけ』だぞ、『こうすけ』。いい名前じゃないか。
 俺なんか夏生だぞ。よっぽど『女みたい』って、からかわれてきたんだ。」
 隣に越してきた同じ年の武藤夏生(さとうなつき)も、名前にコンプレックスを持っていた。
「弟なんか、立冬だぞ。」
 夏生の一つ年下の弟は、立冬(りとう)と名付けられていた。
 という訳で、同じように名前にコンプレックスを持っている者同士、俺と夏生と立冬は殊更仲良く、十年の年月を過ごした。    -COMPLEX・index・終-
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。